ベースマキナ ドキュメント

HTTP API と連携する

HTTP API のデータソースに接続する

1. 右上のメニューから「データソース」を選択する

2. 「データソースの追加」をクリックする

3. データソースの種類の中から「HTTP API」を選択する

データソースの選択

4. データソースへの接続に必要な情報を入力して保存する

データソースの接続設定

HTTP API をアクションで利用する

1. 右上のメニューから「アクション」を選択する

2. 「アクションの追加」をクリックする

3. アクション名やパラメーターを設定する

データソースの選択
  1. リクエスト方法を登録する

APIに対してのリクエスト内容を入力してください。

HTTP APIアクション

上記の例はURLのパスパラメーターとして値を利用しています。

他にもヘッダーやクエリパラメーター、リクエストボディの中に3で指定したパラメーターを渡すことができます。

HTTP APIヘッダーとクエリパラメーター
リクエストタイプとリクエストボディ

GraphQL を利用する

HTTP APIのアクションでは、GraphQLサーバーとの通信に使いやすくするため、リクエストタイプに GraphQL を用意しています。

リクエストタイプ GraphQL

GraphQL を選択すると、QueryとVariablesを入力するフィールドがそれぞれ表示されます。

GraphQLサーバーへのリクエストは、上記フィールドへの設定内容をもとにJSON形式で送信されます。

Query、Variablesのいずれも、他のリクエストタイプと同様に、パラメーターを渡すことができます。 上記の例では、Variablesの id キーに、 "{{ id }}" としてパラメーターを渡しています。