ベースマキナ ドキュメント

bridgeのヘルスチェック

k8sなどでLivenessやReadinessを監視したい場合、/okというGETメソッドのエンドポイントを用意していますので、そちらをご利用頂けます。